西洋医学でダメなら東洋医学!漢方は不妊症に悩む女性の強い味方

不妊

不妊の予防には広く長い対策が必要

大きなお腹

不妊を予防するためには、何が不妊の原因になりうるのかについて正確な情報を入手したうえで、これを可能な限り避ける必要があります。不妊の原因になりうることというのは、実は現代人の生活習慣に密接にかかわっていることが意外と多いです。そのため、本人にとっては「普通」「当たり前」と思っていることが、不妊の原因になっていることに気づきにくいことが大きな問題です。
例えば、比較的よく知られているものとして、習慣的な喫煙があります。最近では不妊を避けたければ、禁煙することが基本という認識がかなり広まってきてはいますが、まだまだ十分とは言えません。また、非常に多くの女性が試みる減量。これも行き過ぎると不妊の原因になりえます。最近話題になることが多い高齢化による不妊リスクもあります。そして、現代に生きる人々は多かれ少なかれ社会の様々な場でストレスにさらされていますが、過度のストレスも不妊リスクになりえます。
こうして考えると、将来子どもを持ちたいのであれば、比較的早い段階から不妊リスクのある生活習慣を避け、子どもを持つタイミングを予め考慮に入れた人生設計が必要と言えます。不妊の予防は、一般に認識されているよりも包括的かつ長期的に取り組むべき課題です。